成長ホルモンの分泌量のピークは何と13歳〜17歳‼️烏丸御池でヘナや髪質改善、トリートメント、頭皮ケアが人気の美容院💇‍♀️ヘアーズフェローです。

Hair’s Fellow

075-251-6795

〒604-0821 京都府 京都市中京区二条通高倉東入ル 観音町 64 ヤマムラビル1F

営業時間/10:00 〜 20:00
定休日/ 月・火(第2週は不規則:詳しくは営業日カレンダーをご確認下さい)

成長ホルモンの分泌量のピークは何と13歳〜17歳‼️烏丸御池でヘナや髪質改善、トリートメント、頭皮ケアが人気の美容院💇‍♀️ヘアーズフェローです。

スタッフブログ

2019/05/12 成長ホルモンの分泌量のピークは何と13歳〜17歳‼️烏丸御池でヘナや髪質改善、トリートメント、頭皮ケアが人気の美容院💇‍♀️ヘアーズフェローです。

こんにちは😃今日は以前にも投稿しましたが、

 

【なぜ人は老けるのか⁉️】 Part 1😃

 

当たり前のことですが、理由を知ることで 意識次第では若々さを保つ ヒントがありそうですね〜✨

ではでは 宜しくお願い致します😃

ヘアーズフェローの羽竹がお送り致します。🤲

 

🔴まずは 『ホルモン減少』による影響が大きい。

ホルモンが女性の髪や美しさや、男女の健康が保たれるからです。

女性ホルモンが減少し髪の毛が細くなります。

(ホルモンバランスが乱れたり加齢が進むと)

 

「水分不足が肌老人を加速させる」皮膚の角質層の水分量が低下し、真皮層にあるコラーゲンの分泌量の低下や血行不良・新陳代謝が低下するため、皮膚が劣化していきます。

 

🔵体全体の若さを保つためには、このホルモンを分泌させる状態が大切なのです。😃

 

🔴成長ホルモンとは?

肌の再生を促すのは脳下垂体から分泌される(成長ホルモン)によるものです。肌の若々しさや健康を保つには欠かせない成長ホルモンターンオーバーに、大きく影響しアンチエイジングに欠かせません。

 

成長ホルモンの分泌量はなんと13歳から17歳でピークを迎えてしまいます。平均すると10分間に約14%ずつ下がると言うデータがあります。

 

内臓脂肪が多いいわゆるメタボと称される人に成長ホルモンが分泌されにくいので、体全体が老化します。病気を引き起こしやすくなります。女性ホルモンの減少によって心身の不調が現れる「更年期」は40代後半です‼️

 

🔴生活習慣も大きく影響する。

成長ホルモンは「生活習慣」「ストレス」「加齢」と言った3つの種となる原因により、急に正常に分泌されなくなったり減少したりしてしまうこともあります。

 

特に睡眠不足や生活習慣の乱れが肌荒れなどのトラブルの原因になります。質の高い睡眠が若々しさを保つ上で大切です。

 

完全に眠りに入ってから約3時間の間に分泌されるため、睡眠の質が非常に重要なんです。睡眠時間が短かったりすると女性ホルモンの量が少なくなるからです。😃

 

今日はここ迄にさせて頂きます。

続きは次回に‼️🤗

 

提供は烏丸御池もしくは烏丸丸太町エリアでヘナやナチュラルハーブ🌿カラー、髪質改善、トリートメント、頭皮ケアが出来る美容院💇‍♀️ヘアーズフェローの羽竹でした。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

Hair’s Fellow

【ホームページ】

ホーム

【住所】
〒604-0821
京都府京都市中京区 高倉通二条下ル観音町64ヤマムラビル1F

【電話番号】
075-251-6795

【営業時間】
10:00 〜 20:00

【定休日】
月・火(第2週は不規則:詳しくは営業日カレンダーをご確認下さい)

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP